スマートメーターとは何でしょうか?頻発する天災と不安定な気候が、次第に不足していくエネルギー問題を軽視できなくさせ、より効果的な管理と省エネのため、大規模なスマートメーターの導入が要請されました。従来の電力メーターも全面的に淘汰されて、スマートメーターによる電力の計量に変わりつつあります。今は多くのお家にスマートメーターが設置され、絶えずに電力データを記録しているのです。

従来の電力メーターと比べると、スマートメーターには長所がたくさんあります。従来の電力メーターと違い、スマートメーターは検針員によるメーターの検針が必要なく、お家の電力消費と電気代が即座にわかります。このほか、スマートメーターには通信機能があり、ユーザーと電力会社のデータを双方向につなぐと同時に、電力データと使用習慣に基づき、電力消費量の予測と分析が行えるのです。つまり、エネルギーを最も効果的に使用する方法を教えることができるのです。スマートメーターの登場により、受動的な使用から、はっきりと「見える化」できる電力消費へと変わったのです。

こうして電力消費が見える化されることで、電力データの把握とそれに基づく分析ができるようになり、自ら電力を管理することをとても簡単にしてくれます。いつ、どの家電機器が、電気代をいくら使ったか知ることができます。そしてデジタル化された管理で、より正確で詳細な電力消費の状況を掌握し、節電、節約ができるのです!