前回で Cube が HEMS(Home Energy Management System の略称で、ヘムスと読みます。家庭のエネルギーを管理するシステムのことです。)を実現するうえで必要不可欠であると紹介しました。しかし、どうして手のひらサイズのCube 1つでお家の電力消費の管理ハブになれるのでしょうか?


実はCubeは1つの小型パソコンと同じなのです。お家のスマートメーターとワイヤレスでつながり、アプリ Ecogenie から詳細な電力使用データを得られるほか、赤外線リモコン「Beep」などの周辺デバイスと接続し、電力消費の大きいエアコンを遠隔で操作することができます。Cubeは、知能を持つ大脳のようにお家のエネルギー管理ハブとして、スマートメーターをはじめとした様々なセンサデバイスや家電機器と通信し、アプリから室内の環境状態や電力使用状況を把握し、家電を操作することを可能にしてくれるのです。

さらに特筆すべきなのは、Cube が今年、日本のエコーネットコンソーシアムが制定した ECHONET Lite AIF 認証に合格したことです。Cubeは近い将来、ECHONET Lite 認証に対応した空調機器やエコキュート、蓄電池、太陽光発電システムなどの消費電力データを見える化できると同時に、アプリによりそれらの機器を直接制御できるようになるのです。ECHONET Lite は最近政府も力を入れて推進している HEMS 向け標準通信規格で、新しく発売される家電の多くがこの認証を取得しています。

それは、Cube さえ持っていれば、いつでもどこでもアプリを通して、家庭の電力消費と太陽光発電システムの発電状態を把握し、お家の各種家電機器を操作し、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを実現しやすくなることを表しています。

小さな Cube にこんなすごい機能が備わっているとは考えもしなかったでしょう。NextDrive の公式サイトで今後の製品展開を随時公開していきますので乞うご期待!