近年、政府はネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の推進に力を入れていますが、ZEHとは一体どのようなものでしょうか。それを導入するメリットとは。また、Cubeとの関連性は。これから2回に分けてZEHについて解説します。


ZEH(ゼッチと読みます。)とは、Net Zero Energy Houseの略称、つまりゼロ・エネルギー住宅のことです。ゼロ・エネルギーと言っても、電力を消費する必要が一切ないということではなく、お家の電力消費と電力生産をプラスマイナスゼロにすることを指します。そうなると毎月、電力消費の支出が不要になり、しかも快適な生活が維持できるのです。

どのようにすればZEHを達成できるのでしょう?次の3つの要素を備える必要があります。
外部建材に高断熱建材を使用
再生可能エネルギー(例えば太陽光エネルギー)で発電を行う
HEMSを導入

高断熱建材ですが、それは家屋に高い断熱性能を持つ建材を使用することを指し、夏は涼しく、冬は暖かくできるので、余分なエネルギー支出が減らせます。そして再生可能エネルギーでの発電はお家に太陽光発電システムが設置され、自ら電力生産ができることを指します。HEMS(ヘムスと読みます。)とはHome Energy Management System(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)の略称で、ZEH全体における中核的な役割を果たし、お家にエネルギー管理向けハブがあるかのように、電力消費と電力発電の調節を担当します。節電をサポートすると同時に快適な生活も実現してくれるのです。

そしてCubeが実はHEMSを実現するうえで欠かせないのです。次回は CubeがどのようにしてZEHの達成をサポートするかについて解説します。