ZEH住宅には蓄電池とHEMSが必須

太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)の買い取り期間終了やFIT制度自体の抜本的な見直し方針を受けて、太陽光発電は「売電」から「自家消費」へと利用価値がシフトしつつあります。今後は電気代高騰の影響も加わり、太陽光発電の余剰電力を効率的に消費することや安価な夜間電力を充電するといった動きが加速し、蓄電池やHEMSはその存在感を大きく増すでしょう。

 そして、この自家消費の動きを後押しする存在が、政府が推進するZEH住宅です。2019年度のZEH補助金では、創エネ機器である太陽光発電はもちろんのこと、HEMSの設置が必須要件となっています。HEMSがZEHに必要とされるのは、電力の使用状況を可視化して節電意識を高めるとともに、ZEHによるエネルギー削減効果を確認するためです。

https://www.yume-wagaya.com/zeh-money-saving-health-environmental-benefits/

 さらに、HEMSは上記の役割に加えて、蓄電池を効率よく制御する役割も担っています。HEMSは、時間帯別の住宅全体の電力消費量と太陽光発電の発電量を学習し、発電した電気の消費・売電・充電を最も効率よくコントロールしてくれるのです。

ZEH住宅にも最適な蓄電池を選ぶポイント


ZEH補助金制度において蓄電池の設置は必須要件ではありませんが、追加補助の対象設備に指定されています。蓄電池を導入すれば、ZEH補助金70万円に加えて容量1kWh当たり2万円の追加補助が支給されるのです。これは、よりエネルギー効率の良いレベルが高いZEH住宅に、蓄電池が必要であることを示唆しています。蓄電池の容量が多いほど追加補助額も大きくなりますが、その分もともと高額な蓄電池がさらに高額となります。

 では、蓄電池の最適な容量を選ぶためには、どういったポイントがあるでしょうか。それは、自分の電力状況にマッチした容量の蓄電池を選ぶことです。たとえば、蓄電池の容量が小さすぎると発電量や消費電力量に見合いませんし、大きすぎれば充電量を使い切れずにただ蓄電池のコストが上がるだけです。

蓄電池とHEMSの組み合わせで効率的節電

蓄電池を利用すると太陽光発電の余剰電力を充電して夜間に利用できるため、効率的な節電が可能です。加えて、電気代が高騰する中、安い夜間電力を充電し昼間に利用することで昼夜の価格差で電気代の節約にも寄与します。さらに、蓄電池はHEMSと組み合わせることで効率的な自家消費に役立ち、節電効果をより高めることが可能です。

 それは、HEMSが蓄電池の残量や充放電量を確認できるだけでなく、エネルギーマネジメント機能で蓄電池の運転をサポートできるからです。HEMSのエネルギーマネジメント機能では、日々の電力使用状況や気象情報などから翌日に必要な電力量や余剰電力量を予測します。そして、その予測値から夜間の充電量を調整し、翌日の余剰電力を最小化するように蓄電池を制御します。

 このような制御をすることで、購入する電力量を抑え、太陽光発電の自家消費を最大化できるので、節電に大きく貢献してくれるのです。HEMSはまさに住宅の電力の司令塔として、太陽光発電や住宅内の家電機器、蓄電池の最適な制御を指揮します。ZEH住宅は、蓄電池とHEMSの両輪でその高い節電効果を十分に発揮するのです。

蓄電池を利用すると太陽光発電の余剰電力を充電して夜間に利用できるため、効率的な節電が可能です。

HEMSで電力使用状況を把握して最適な蓄電池選びを

蓄電池を購入する前には、HEMSで電力使用量や発電量など自分の電力利用状況を理解することから始める必要があります。なぜなら、HEMSで日々の電力使用状況が把握できれば、自分に最適な容量の蓄電池を選ぶことができるからです。さらに、蓄電池はHEMSと組み合わせることで、発電した電力を過不足なく効率的に利用でき、大きな節電効果を発揮します。

 市場価格がこなれてきたとはいえ、蓄電池は高額な買い物であることに変わりはありません。のちのち蓄電池の容量で後悔することのないよう、まずはHEMSを導入して電力の可視化から蓄電池選びの第一歩を踏み出しましょう。