猛暑の夏、耐えがたい高温以外に、みんなが最も頭を悩ませているのが、安く抑えられないエアコンの電気代でしょう。ここでどうすればエアコンを使う際に最も節電できるか、ちょっとしたコツをいくつかお教えしましょう!

  • 最適温度を28℃に設定

28℃はエアコンを使用する上で最適の平衡温度です。エアコンは設定温度が低くなるほど消費電力が増えるので、低くしすぎず適切な温度まで上げることがベストです。温度を1℃上げるごとに、約13%の電力が減らせるのです!

  • 扇風機や空気清浄機を併用

エアコンをつけると同時に扇風機或いは空気清浄機を使用します。すると温度を低くしなくても、空気の流通により体感温度が効果的に下がり、エアコンの電気代の削減につながります。

  • エアコンのフィルターを定期的に掃除する

多くの人がエアコンのフィルターを掃除する習慣がなく、表面にホコリが厚く溜まっています。ホコリはエアコンの吸込口をふさぎ、空気を流通しにくくして、エアコンの機能を大幅に低下させてしまいます。そのうえ、騒音を起こすこともあり、正常時より多くの電力を消費します!1カ月に1〜2回フィルターを洗い、吹出口をきれいにして風通しを維持するとよいです。

  • エアコンの吹出口を水平に

多くの人が習慣的にエアコンの吹出口を下向きにしていますが、実は吹出口の向きは水平に保持するのが最適な運転方法なのです。冷たい空気は自然と下がるので、水平に吹き出されると風が空気をさらに上下に撹拌することができて、部屋の上部が熱く、下部が冷たくなりません。またエアコンの風に当たって、頭が熱くなり足が冷え、気分が悪くなったり、めまいを起こしたりすることが避けられます。

  • 適時に除湿し、室内の乾燥を保つ

除湿して部屋の空気の乾燥を保つことは、温度を下げる効果的な方法の1つです。研究調査によると、湿度が15%下がるごとに、体感温度が1℃下がることが報告されています。適切な除湿環境に扇風機を組み合わせることで、エアコンの温度設定を強冷にしなくても、爽やかな温度と快適な環境が保持できるのです。