猛暑の夏特集 第2弾!エアコンをより効率的に使う以外に、今回はみんなにエアコンを使わなくても効果的に温度を下げ、室内環境の快適さを保つ秘訣をお教えします。いつもエアコンのリモコンに頼りっきりになる必要はないのです!

  • 窓のカーテンを閉め、放射熱から隔離する

窓は夏の日射しに真正面から接触する最初の入り口であり、部屋の最も主要な熱源でもあります。そのためカーテンで遮光し、放射熱から隔離すると、室内温度をすばやく効果的に下げることができます。カーテン以外に、断熱フィルムや断熱シートを使ってもよい効果をあげられます。

  • 「緑のカーテン」を植える

一般的なカーテンを購入するほか、もう1つとても効果的な方法は、窓際につる性植物を植えることです。それらは通常、成長が速く、また遮光、断熱ができ、室温の上昇を防ぐと同時に環境を美化することができます。アサガオ、フウセンカズラなどがとても良い選択でしょう。

  • オシボリ、濡れたハンカチを常備する

効果的に温度を下げたければ、やはり水が非常に手っ取り早い方法です!炎天下の中、オシボリや濡らしたハンカチを常備し、冷水で顔や手を拭くと、扇風機をつけるだけでさっぱりしますし、快適に感じます。

  • 水をまいて温度を下げる

壁や家の周囲に水をまくのも素早く温度を下げる良い方法です。屋外の温度を下げることで、室内環境を冷却する助けとなるのです。外にまく水には風呂の残り湯や、米を洗った後のいらない水などを利用でき、水資源が無駄になりません。

  • 着心地のよい涼しい服と寝具

着心地のよい涼しい服を着ることが最も直接的な方法の1つです。クール感があり、薄手で放熱が速い寝具の購入や、竹すだれをプラスすることをおすすめします。扇風機と組み合わせると爽やかな睡眠環境が得られますよ。