最高気温の記録が次々と塗り替えられる猛暑日、エアコンなしで暮らそうと意気込んでも中々ハードルが高い夏の季節。とはいえ、エアコンをつけっぱなしにする時間が長くなると電気代の請求書が心配になりますし、跳ね上がった金額を見ると、またどうしてあの時もっと節電しなかったのかと後悔することも。そこで今回はアプリ Ecogenie を使って、エアコンの電気代支出を把握するにはどうすればよいか分かりやすくお教えしましょう。


まずはアプリを立ち上げます。そして毎日の電力消費グラフを調べ、エアコンをつける1時間前の電気代を記録します。それからエアコンをつけ、1時間はできるだけ他の家電機器をつけたり消したりせずに過ごします。1時間後、再び電力消費グラフを調べ、この時間の電気代を記録します。これら2つの電気代を差し引くことで、エアコンにかかる1時間当たりのおおよその電気代がわかります。

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

エアコンの快適さを残しつつ、電気代を跳ね上がらせたくなければ、その電力消費の状況を知ることはもちろん、さらに重要なことは、使っているエアコンが今のお住まい環境に適しているか理解することです。適応畳数が環境のニーズに適していますか?エアコンの機種が古過ぎたり、電気を効率悪く消費するモンスターになったりしていませんか?それを判断する方法は次回お答えします。


ps.  エアコンの最も正確な消費電力は安定的な温度下にある時であり、つけてすぐ温度を下げている時ではありませんのでご留意ください。