1.  HEMS とは?

2.  HEMS のメリット:エネルギーの「見える化」と「一元管理」

3. 「エネルギーの見える化」3つのポイント

4.  HEMS のこれから

皆様、こんにちは!

Ecogenie ブログ担当です。

本日のテーマは、HEMS 最大のメリットの一つ「エネルギーの見える化」です!

エネルギーの見える化」という言葉、聞いたことはあるけど、実際はどんなものか、なぜ必要なのか分からないという方もご安心ください!

今回は、私たち NextDrive の次世代後付けHEMS 【 Ecogenie 】の実際の画面も用い、見える化の具合的な使い方やメリットを紹介していきます。

1.HEMS とは?

まず、 HEMS (ヘムス)とは、Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)の略称です。

簡単に言うと、家電や家庭のエネルギーの使用を管理・コントロールするシステムのことです。

HEMS イメージ図

                (参照:太陽光発電システムの楽エネ

そんな HEMS には「前付け」と「後付け」の2種類あり、一番の違いは何といっても導入の手軽さです。工事が必要で改築時やリフォームと同時に導入されることの多い「前付け」に比べ、「後付け」は原則工事不要で、コンセントに挿すだけで HEMS の導入が可能になります。

2.HEMS のメリット:エネルギーの「見える化」と「一元管理」

そんな HEMS の大きなメリットは、「エネルギーの見える化」と「エネルギーの一元管理」です。

エネルギーの見える化:これまで明細書で月末に確認していた家庭の消費電力量や、太陽光発電力量、蓄電量などスマホやモニターでいつでも確認することができます。

エネルギーの一元管理:家電をネットワーク化することで、遠隔操作や自動制御が可能になります。【 Ecogenie 】 には、ワンタップで家電を最も効率良く稼働させるスケジューリング機能「スマート省エネモード」があります。

3.「エネルギーの見える化」3つのポイント

続いては、【 Ecogenie 】の画面を用い、エネルギーの見える化の使い方3つのポイントをご紹介します。

① 即時の消費電力量や電気代をいつでも確認。

② 目標電気代予算を設定。(使いすぎを知らせるアラート機能付き)

➂ 電気料金プラン(時間帯別電灯など)からご家庭の電気消費習慣を分析。

4.HEMSのこれから

日本では2016年4月より始まった「電力の小売全面自由化」により、各家庭が自由に電力会社と電気料金プランを選択できるようになりました。

また、政府は2030年には新築住宅の平均で ZEH を実現するという目標も掲げています。(参照:経済産業省資源エネルギー庁)

つまりHEMS は、

・エネルギーの見える化により、家庭に最適な電気料金プランを選ぶことができる

・エネルギー管理や家電の効率的な自動制御など、 ZEH の実現には必須のツール

以上のことより、今後もますます必要とされるであろう HEMS 。

今回は、そんな HEMS のメリットの一つ「エネルギーの見える化」についてでした!