分散型発電は、各地区の小型発電設備やご家庭での再生可能エネルギーの自家発電を必要とする以外に、さらに重要なことは送配電の調整をいかにして確保するかということです。良好な送配電システムがあれば、一つの地区の電力需要が安定します。では、どうすれば良好な送配電システムができるのでしょう?実はHEMS(Home Energy Management System の略称で、ヘムスと読みます。家庭のエネルギーを管理するシステムのことです。)ゲートウェイである Cubeがこれからその重要な役割を果たします。

目下、送配電の大半は大型発電所に頼っています。しかし、再生可能エネルギーが急速に発展するにつれ、既に多くのお家に電力の自給自足能力が備わってきただけでなく、分に生産した電力を発電所に売れるようになったのです。そしてCubeは、スマートメーターと太陽光発電システムにワイヤレスで接続できるため、太陽光発電システムを導入している多くのご家庭にとって、効果的な電力管理向けアシスタントとなります。こうして大勢の人が自家発電能力を持ち、しかも効果的な電力管理ができるようになった時、分散型発電の基礎がゆっくりと成形されていきます。

多くの人が電力生産能力を持った時がすなわち、電力の供給を遠くの大型発電所に頼る必要がなくなったことを意味します。今後、太陽光発電システムを持つお隣さんから、生産しすぎた電気を購入するだけで事足りるかもしれません。

このような未来は遠いのでしょうか?既に多くの電動自動車が車道を走り、再生エネルギー産業も大変注目を集めているように、多くの人が太陽光発電システムの設置を進めているのです。Cubeを持つあなたも間違いなくこの先駆者の一人です。引き続きNextDriveにご注目ください。新たな電力のニューワールドが待っています。