私たちが毎日24時間電気を使っているのに、なぜ「 電力」を有価資産のように、買いたい時に買い、売りたい時に売ることができないのか考えたことはありませんか?エネルギーの生産・管理技術が発展するにつれ、ごく近いうちに今まで当たり前のように思っていた電力消費の常識が一気に覆されるかもしれません。今回はエネルギー管理技術の最前線へお連れしましょう!

分散型エネルギーが発展することにより、電力を自由に売買することができ、「電力を買う」ことがネットショッピングのように簡単になる世界が訪れます。分散型エネルギーとは何かを説明する前に、まず集中型エネルギー発電について理解する必要があります。

「集中型エネルギー発電」とは、エネルギーを大規模な発電設備や施設から生み出す、今最もよく見る発電の形態で、例えば火力などの大型発電所です。私たちの日常のエネルギー需要もまた多くの大型発電所に頼っており、発電、送電、変電、配電と数多くの過程を経て、電力がお家に送られてくるのです。このような発電方法は確かに効率は良いのですが、エネルギー需要が日々上昇する今日、集中型発電に相対的に多くのリスクがあるのも現状です。例えば東日本大震災のような大地震により発電所が損壊し、電力負荷に耐えられなくなった場合、電力需要に応えることができないため、電力網の崩壊をもたらすなどといったリスクがあります。

それに対し、「分散型エネルギー」は全く正反対のコンセプトの上に成り立っています。お家が必要とする電力は、遠くにある発電所からの送電に頼る必要がなく、ご自宅に設置されている太陽光発電システムや周辺のコミュニティにある小型電力ネットワーク設備によって需要を賄うことができるのです。次回は「分散型エネルギー」の優位性について紹介しましょう。