今回Eco ちやん が紹介するのは、 Ecogenie の「スマートスケジュール運転機能」!

今、ご家庭で蓄電池を購入する理由としては、非常電源の確保の他にも、ソーラーパネルとセットで利用したいというのが大きいですね。特に時間帯別電気料金プランが登場してからというもの、蓄電池を使って料金が安い時間帯の電気をためておき、高い時間帯に使用することで、さらに電気代を節約することが可能になりました。ですが、前日に蓄電池がフル充電されてしまっている場合、次の日に余った太陽光をためておくことはできません。そこで蓄電池メーカーは、用途に応じたスケジュール運転モデルの開発に乗り出しました。

一般的な蓄電池のスケジュール運転モデル

基本的なスケジュール運転モデルは次の3つに分けられます

1. 基本モデル

この運転モデルは、深夜から明け方にかけての電気料金が安い時間帯に充電し、早朝又は夕方の電力使用ピーク時に放電するのを自動で行う、というものです。

メリット:シンプルで分かりやすく、安定的に電気料金を節約することが可能です。

デメリット:ご家庭に太陽光発電設備がある場合、ソーラーエネルギーを電力としてためておくことはできません。

適しているご家庭:ご家庭に太陽光発電設備がない、又は売電価格がご家庭での電力消費を上回るご家庭。

2. 消費優先モデル

この運転モデルは、昼間にソーラーエネルギーを最大限保存しておき、夜間に放電してご家庭での電力消費に当てる、というものです。

メリット:ソーラーエネルギーを保存しご家庭で使用することで、電気代をより節約できます。

デメリット:太陽光発電システムとセットで使用しなければなりませんが、電気代をいくら節約できるかは、スケジュール運転のスマートさにかかっています。

適しているご家庭:太陽光の売電価格が電気代を大きく下回るご家庭は、太陽光から得た電力を保存して自家使用したほうが、売電するよりも節約になりますよ! 

3. 防災モデル

停電などの緊急事態に備え、蓄電池の電気量を常に % 以上に維持しておくことは、安心ですが、蓄電池の空き容量を制限してしまいます。

メリット:電力を保存しておきご家庭で使用できるので、緊急事態に備えることができます。

デメリット:電気代の節約幅はどうしても制限されてしまいます。

適しているご家庭:小さなお子様や高齢者のいるご家庭、特に、安全を重視し防災意識の高いご家庭。


Ecogenie のスマートスケジュール運転モデル

最高で 23 % もの電気代節約につながります!(日本市場でTOP5を占める蓄電池ブランドとの比較)

Ecogenie のスマートスケジュール運転モデルなら、各ご家庭の電気使用パターンや天気予報と発電量予測に基づき、蓄電池の充放電時間を臨機応変に調整することができます。Ecogenieは充放電のタイムスケジュールに基づき、Cube を通じて自動的に信号を送り、蓄電池の充電・放電をコントロールします。そのため、スマートスケジュール運転だけでなく、上で挙げた一般的なスケジュール運転モデルも、お好み設定で選ぶことができます!

蓄電池のスケジュール運転を通じたスマートシティづくり

Ecogenie なら、Cube の蓄電池コントロール機能を通じて、蓄電池のスケジュール運転モデルを自由に設定できるだけでなく、将来、例えば電力会社が急に電力供給不能な状況に陥った場合などでも、ご自宅の蓄電池を起動するよう各家庭に呼びかけ、都市の電力消費ニーズを一時的に抑える、といったことも可能です。